teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月24日(日)21時25分20秒
返信・引用
  > No.3325[元記事へ]

音には、個人にはそれぞれ好みがあります、

ところが、個人の好みをも超越した音の客観性、

リアルで写実性を伴った高速、高負帰還の音には客観性があります。

まず、1990年、プリアンプで成功しました。

 
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)19時37分37秒
返信・引用
  > みんなトランスのせいにしているけど、回路設計がダメなんだな。

トランス屋は、より良いトランスを努力するけど、とんでもなく高いトランスになる。

でも、回路設計がダメなんだから、それすら生かされない。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)18時59分55秒
返信・引用
  > まあ、それはそれで、写真でなくて、デフォルメという表現もあるし、抽象画という表現もあるし、人好き好きなんでしょうね・・・・・
>

写真というけど、難しんだな。うっかりするとピンボケになるし、ブレることもある。
どんな時でも、ピントが合っているって極めて、難しんだな。

だから、デフォルメアンプが流行るんだな、きっと。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)18時55分52秒
返信・引用
  みんなトランスのせいにしているけど、回路設計がダメなんだな。

下手くそな回路設計で、高いトランスでカバーしようとするけど、もともと出来損ないの回路だから無駄な投資なんだな。

いい回路なら、トランスを選ばないんだな。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)18時09分55秒
返信・引用
  初段の次がPK分割なんで、ミラー効果による高域低下がないので、高域ポールが2MHzを可能にしているわけですよね。

初段の次がアンプなら、ミラー効果による高域低下が起きて、高域ポールが下がる。

ここが、ミソなんですよね。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)18時04分46秒
返信・引用
  > 全て条件が揃ってるんです、本来たどり着くには山あり谷あり、なんです。
>
> 経験しないままの方が殆どです、だから強運なのです。

マイカ様、こんばんは。

高域はトランス任せという設計思想がこんなことを可能にしているわけですよね。

高域ポールが2MHzなら、1/10の200KHzまでは位相は0°なんですよね。
2MHzで45°なんですよね。

そういう設計思想がいいわけです。

大概のアンプは数十KHzであるから、その1/10の数KHzでまでしか位相は0°じゃないし、数十KHzで45°回るから、トランス以前に回路的に無理なんですよね。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月24日(日)17時35分5秒
返信・引用
  > No.3320[元記事へ]

>
> 6FD7PPウイリアムソンアンプは、よくできているなあ。
>
>

全て条件が揃ってるんです、本来たどり着くには山あり谷あり、なんです。

経験しないままの方が殆どです、だから強運なのです。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時59分56秒
返信・引用
  6FD7はあるところで、この球は音がいいと言われています。

6FD7PPウイリアムソンアンプは、よくできているなあ。

マイカ様の設計思想がこういうものを可能にしているんだなぁ。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時56分51秒
返信・引用
  ソフトンのRX-40-5は、f特にディップがあるから高帰還は無理だと言われていましたが、位相特性からするとf特のディップは位相に悪影響は与えず、20dBNFBでも適宜微分補償をすれば全く問題ないですね。もっとNFBを深くかけられるかもしれない。

でも、トロイダルコアトランスは安いですよ・・・・
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時48分45秒
返信・引用
  初段のf特はシミュレーションによれば、2MHzを超えています。

まあ、マイカ様の理論はすごいなぁ。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時46分44秒
返信・引用
  > No.3316[元記事へ]

そこそこ良く出来ています。

さすがマイカ様の設計はすごいなぁ。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時45分26秒
返信・引用
  微分補償をしました。  

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時44分17秒
返信・引用
  マイカ様、やって見ました。20dBNFBです。

微分補償無しで、何とかなっています。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時22分37秒
返信・引用
  > No.3313[元記事へ]

参考資料

【集大成】P27 FX-50-16G UX-801/PPのために作られたトランス、

インピーダンスが高いにもかかわらず上出来です、大抵無帰還で使用されましたが、

武末氏は「相当深い負帰還にも耐えられる」の発言は印象的でした。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月24日(日)16時10分17秒
返信・引用 編集済
  > No.3312[元記事へ]

> マイカ様、ちょっと質問なんですが、マイカ様の高速負帰還では、高域ポールが1MHz以上であれば、このトランスでも、20dBNFBは可能ですよね?
>


はい、可能でしょう、

ただ、現実には相当苦労をすると推察します。

大抵の場合、出力トランスになると位相は周波数が高くなれは、-90°を超えてしまう、

(↓)このトランスは、位相-90°(限度-120°)をめざして製作されました、

一次は4層ソレノイド巻き、二次は5層バイファイラー巻き、全部で9層です(1995年)

当時としては上出来でした。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)15時00分57秒
返信・引用
  マイカ様、ちょっと質問なんですが、マイカ様の高速負帰還では、高域ポールが1MHz以上であれば、このトランスでも、20dBNFBは可能ですよね?

高域特性はトランス任せなので、よほど変なトランスでなければ、どんな奴でも大概は使えるんじゃないですか?

まあ、位相がよほど悪いやつでなければですが・・・・

そんな考えは間違っていますか?
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月24日(日)10時32分8秒
返信・引用 編集済
  > No.3309[元記事へ]

> マイカ様、おはようございます。
>
> ほぼ同じですね。



おはようございます、

まだ、心残りがありますので、もう少々追い込んでおきます。

(ニャさんの博物館クラスとは、骨董品という事です)
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)07時09分5秒
返信・引用
  > 1990年代初頭、ワイドレンジで高負帰還を実現のため、10MHzクラスが必要と痛感のため入手、
>
> ニャさんに、「博物館クラス」との評価を頂きました。

すごいですね。
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月24日(日)07時08分23秒
返信・引用
  > (上) 平衡駆動/422a
> (中) 不平衡駆動/OPT CT=E
> (下) ピッチを合わせる
>
> 高域、位相回転が平衡駆動の場合、500KHzと高くなり+130度
>
> 傾向は似ておりますが、暴れは大きいです。
>
> (Y軸のスパン ピークが大きいので異なります)

マイカ様、おはようございます。

ほぼ同じですね。
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)21時54分40秒
返信・引用
  > > 平衡OSC アンリツ422aにて測定してみましょう、
> >
> > シンセサイザーですから正確です。
>
> マイカ様、すごいのお持ちですね。


1990年代初頭、ワイドレンジで高負帰還を実現のため、10MHzクラスが必要と痛感のため入手、

ニャさんに、「博物館クラス」との評価を頂きました。
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)21時19分6秒
返信・引用 編集済
  > No.3301[元記事へ]

> 平衡OSC アンリツ422aにて測定してみましょう、
>
> シンセサイザーですから正確です。


VPT18-1390

(上) 平衡駆動/422a
(中) 不平衡駆動/OPT CT=E
(下) ピッチを合わせる

高域、位相回転が平衡駆動の場合、500KHzと高くなり+130度

傾向は似ておりますが、暴れは大きいです。

(Y軸のスパン ピークが大きいので異なります)

 

観察は楽しい

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)19時39分57秒
返信・引用
  測定して観察するのは楽しいです。
シミュレーションも測定して観察するので、同じです。

でも、プログラムは、しんどいです。
デバッグは、観察なので楽しいです。

観察をしていると、発見するのです。そこで、試して、その理由がわかったら、・・・
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)14時50分42秒
返信・引用
  > > データーは客観性表現か必至です、標準的表現を希望します。
>
> これではどうでしょう?

トロイダルコアトランスのすごいところは、高域で位相が戻るところです。
ST-65Bの限界はこれがないところです。

これはVPT24-1040 3KPPです。
 

Re: 平衡出力OSC

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)14時38分52秒
返信・引用
  > 平衡OSC アンリツ422aにて測定してみましょう、
>
> シンセサイザーですから正確です。

マイカ様、すごいのお持ちですね。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)14時37分44秒
返信・引用
  20dBNFBくらいまで、何とかなりそうです。  

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)14時36分28秒
返信・引用
  > データーは客観性表現か必至です、標準的表現を希望します。

これではどうでしょう?
 

平衡出力OSC

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)14時36分12秒
返信・引用
  平衡OSC アンリツ422aにて測定してみましょう、

シンセサイザーですから正確です。
 

50W/100W級

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)10時55分35秒
返信・引用
  50W/100W級、試してみる価値十分、何せ安いですから、

ケースも大きいですから、余裕で収納可能。

早く塗装に回さないと錆が発生、パテ処理を含め焼付け塗装代、実は高いんです。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)10時19分34秒
返信・引用 編集済
  > No.3294[元記事へ]

> > 仕方ないです、奮発しましょう。
>
> マイカ様、おはようございます。
>

> 外部電源を用意すれば、もっと楽です。
>
> いろいろ検討しています。
>


私なら、±15Vの電源を用意し平衡変換バッファーを用意します、

±15V系の部品が多く所有しておりますから、もう昔になりますけどよく使いました。

------------------------------------------------------------------------------

ST65Bのトランスは、うまく使用出来たら小型の高性能アンプが可能ですね

誰も手を出していない、半導体DEPPスタイル、未開の分野ですがときめきも多し、

期待しております。

------------------------------------------------------------------------------

データーは客観性表現か必至です、標準的表現を希望します。



 

Re: ST-65B

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)09時42分0秒
返信・引用
  2MHzくらいまで、問題なしです。  

ST-65B

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)09時41分1秒
返信・引用
  ST-65Bを測りなおして見ました。
5MHzまで、見ました。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)09時02分23秒
返信・引用
  オーディオは20-20KHzなんで、トランスもそれにちょっと余裕があればいいというのが本来で、いつの間にか100KHz超えになって、ウイリアムソンでは1MHzになった。

20KHzで20dBNFBなら、200KHzでいい。10dBNFBなら、60KHzでいい。6dBNFBなら40KHzでいい。
無帰還なら、トランスが100KHz以上なら、100KHz以上だし、20KHzなら20KHzだし、まあ、原点復帰もありなのかな。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)08時54分44秒
返信・引用
  > 変わった音がするアンプはいいという風潮があって、普通の音ではよく言われない。

まあ、それはそれで、写真でなくて、デフォルメという表現もあるし、抽象画という表現もあるし、人好き好きなんでしょうね・・・・・

写真と言っても平面に過ぎないし・・・
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月23日(土)08時51分16秒
返信・引用
  > 仕方ないです、奮発しましょう。

マイカ様、おはようございます。

±5Vの電源ですから、2VACrmsくらいが限界です。平衡なので、それで4Vacrmsでトランスはドライブできます。

外部電源を用意すれば、もっと楽です。

いろいろ検討しています。

とりあえず、FRAplusで何とかなっていますので、慌てません。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月23日(土)00時57分41秒
返信・引用
  > No.3290[元記事へ]

> OPアンプが1個1000円以上するものでした。
>


仕方ないです、奮発しましょう。
 

電圧制御磁気メモリに応用:理研、室温付近で「電場による磁化制御」に成功

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)21時27分29秒
返信・引用
  EE Times Japanにこんな記事がありました。  

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)21時18分16秒
返信・引用
  > (位相の目盛の打ち方が不満かな、変にひねらず標準のピッチに)

マイカ様、私が軸を変更したのです。元々は±180°でした。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)16時42分2秒
返信・引用
  > 不平衡→平衡、の変換はOPアンプで簡単に製作出来ます(ご存知と思います)
>
> OPアンプ、高音質は希望を望めませんが、信号を扱うには重宝します。

それをどうしようか考えていたのです。Analog Discovery 2から供給される電源は±5Vなんです。すると、rail-to-railのOPアンプになります。ARITOさんのHPに回路が載っています。
OPアンプが1個1000円以上するものでした。

それが要らないんです。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月22日(金)16時36分13秒
返信・引用 編集済
  > No.3288[元記事へ]

> こんな感じです。


素晴らしい!

(位相の目盛の打ち方が不満かな、変にひねらず標準のピッチに)

 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)16時22分19秒
返信・引用
  こんな感じです。  

Re:VPT12-2080

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)15時52分9秒
返信・引用
  12GB7(t)PPリークムラードアンプをVPT12-2080の12KPPで、6Wでました。
3KPPは、動作点の変更で電源にも変更が及びますので、12KPPで聞いています。

これは、平衡でなくて加算のアンプですが、その分シングルの音に近いPPです。

リスニングルームのスピーカと相性は良くないのですが、テレビ、パソコンスピーカーを今ならしていますが、なかなかいいです。

20dBNFBですが、これも30dBNFBにできるでしょう。でも、当分20dBNFBです。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月22日(金)15時42分19秒
返信・引用 編集済
  > No.3284[元記事へ]

> マイカ様、ARITOさんのBBS(UMETECHさんのHP内ですが)に、PPトランスは信号源が平衡出力とJISで決まっているそうです。
>  Analog Discovery 2には、2つの発振器があって、位相は自由に変えられます。
> miyaさんのFRApluseに2つの発振器を逆相にするモードがあったので、それで、トランスを平衡駆動して測定しました。
> バッチリでした。


それは良かった、 Analog Discovery 2、フルに活用期待しております、

不自由な身でHP3575、OSC、レベル計、ATT、はくたびれます。

---------------------------------------------------------------------

不平衡→平衡、の変換はOPアンプで簡単に製作出来ます(ご存知と思います)

OPアンプ、高音質は希望を望めませんが、信号を扱うには重宝します。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)15時36分49秒
返信・引用 編集済
  > No.3283[元記事へ]

変わった音がするアンプはいいという風潮があって、普通の音ではよく言われない。

高速負帰還って、ちょっと聞いたら普通の音です。でも、よくよく聴くと違いがわかります。

トランジスタアンプみたいに30dBもNFBをかけたら、トランジスタアンプと同じじゃないかと言われると思います。まあ、数値がすべてという人はそう言うかもしれません。

でも、変わった音がするアンプって、どこかおかしいのです。

むかし、RIAAのプリアンプを作りました。メリハリがあっていい音がすると思っていましたが、兄から、それはRIAAカーブから外れているからだと言われました。ちゃんと調べろといわれました。

そんなもんです、普通の音でないといけないのです。

武末数馬先生もアンプで音が変わらないといっていたじゃないですか。

最初から普通の音が出ないアンプは、どこかがまともじゃないのです。
 

Re: Analog Discovery 2

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)15時25分37秒
返信・引用 編集済
  マイカ様、ARITOさんのBBS(UMETECHさんのHP内ですが)に、PPトランスは信号源が平衡出力とJISで決まっているそうです。
Analog Discovery 2には、2つの発振器があって、位相は自由に変えられます。
miyaさんのFRAplusに2つの発振器を逆相にするモードがあったので、それで、トランスを平衡駆動して測定しました。
バッチリでした。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月22日(金)14時10分21秒
返信・引用
  > No.3282[元記事へ]

はちべえさんは、VPT18-1390 高速、高負帰還、の恩恵を先に体験しているから話が早い、

なかなか、言葉や文章では信用する人は少ないものです。


web上を眺めてみても、真空管アンプなんて幼稚なものです、

適当につなぐと音が出る、これがそこそこ生けるんです、「オレは名人になったか?」なんて・・・

大真面目で勘違い?  まっ! 裾野はひろがり部品調達は貢献しております。

 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月22日(金)08時32分27秒
返信・引用
  > No.3281[元記事へ]

マイカ様、おはようございます。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月21日(木)14時57分27秒
返信・引用 編集済
  > No.3280[元記事へ]

> マイカ様、おはようございます。
>
> 色々有り難うございます。


疑ぐり深いですからねえ~ 常識と思われる裏は怪しい?
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月21日(木)06時53分16秒
返信・引用
  > No.3279[元記事へ]

マイカ様、おはようございます。

色々有り難うございます。
 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:マイカ  投稿日:2019年 3月20日(水)22時22分1秒
返信・引用 編集済
  > No.3278[元記事へ]

> > あと、捨てコマの、ゲインのないP-K分割は、ハッキリ聴こえる要。
> >
> > 高分解能で、「へえ~、こんな音まで聴こえる」ですね。
>
> そういう仕組みだったんですか・・・



【集大成】

位相反転、全篇、P-K分割と入力トランスのみです、

さて、差動回路は?  表現方法を考慮中。

http://phase.main.jp/nfb/pz/sad/index.html

 

Re: TRIAD VPT18-1390

 投稿者:うんざりはちべえ  投稿日:2019年 3月20日(水)21時55分48秒
返信・引用
  > あと、捨てコマの、ゲインのないP-K分割は、ハッキリ聴こえる要。
>
> 高分解能で、「へえ~、こんな音まで聴こえる」ですね。

そういう仕組みだったんですか・・・
 

レンタル掲示板
/66