川柳スパイラル



カテゴリ:[ 趣味 ]


93件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[93] 東京合評句会速報

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年12月10日(日)20時30分9秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「川柳スパイラル」創刊号の東京合評句会、参加者はすくなかったんですが、
札幌から沖縄まで各地からお集まりいただき、ありがとうございました。
不手際もありましたが、みなさまがたのご協力で楽しい会になりました。
とり急ぎ互選句会の結果を掲載しておきます。

雑詠(自由吟)

7点 カフェインが含まれている雪景色      平岡直子
4点 天国を一部地獄へ移転する         内山佑樹
   速贄だから行ってください         英田柚有子
3点 いもうとは万策尽きて独活になる      飯島章友
   UFOと赤ピーマンは再従兄弟       悠とし子
   日頃部屋干しの女が逃避行         うらべ
2点 かたたたきけんのうらがわナショナリティ  森山文切
   666はコミカルにシニカルに       小池正博
   起き上がりこぼしのような春だった     暮田真名
   焼きモスラ左右同時に刺すフォーク     川合大祐
   上皇は埋立地から出てこない        いなだ豆乃助
   むなしいと言うだけらくよごみ袋      平田有

兼題「叫び」

6点 ささやきと叫びで埋める資格欄       平岡直子
4点 繊毛が叫んでいます無視します       小池正博
   叫びから生まれた暗い麦芽糖        暮田真名
   叫んでも無駄。ここ、あなたの中だから。  内山佑樹
   とうきょうのきょうは絶叫マシンのきょう  飯島章友
   救済を叫ぶアスパラから出荷        平田有
3点 金平糖降る降る叫び声として        英田柚有子
   「エリーゼのために」を歌う影法師     いなだ豆乃助
2点 とめどなく叫ぶ魚の楽園か         うらべ
1点 妻を撃ちゴジラの聲の街にいる       川合大祐
   東京上空叫ぶボタンの青          森山文切




[92] たぶん彼女はスパイだけれどプードル

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年12月 2日(土)11時40分1秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「川柳スパイラル」創刊号、兵頭全郎の作品。
タイトルは〈『悲しみのスパイ』小林麻美MVより〉。
うーん、小林麻美か。
ある世代より上の年齢の読者にはよく知られている名前だ。
「雨音はショパンの調べ」とか巷に流れていた。
固有名詞はイメージを喚起しやすいが、このタイトルを外して読んでも
さまざま自由な読みが可能だろう。
タイトルにひっぱられ過ぎない方がおもしろいかもしれない。

たぶん彼女はスパイだけれどプードル   兵頭全郎




[91] 若さとは青いりんごのでぃんがりん

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年12月 2日(土)11時26分56秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「川柳スパイラル」創刊号、飯島章友の句。
今号の飯島は連作「スクールデイズ」10句で、学生時代の青春っぽい題材を
詠んでいる。ジャズやロックやリーゼントや担任。
連作は全体のテーマがあるので読みやすいが、難点があるとすれば
一句の独立性が弱くなることである。
掲出句は性にまつわり、有名なヒット曲をふまえているようだ。
「若さとは」という文体は川柳の基本形である「AはBである」という問答形式を
使っているが、そこにどのように現代性を盛り込むかが腕の見せ所だろう。

若さとは青いりんごのでぃんがりん   飯島章友



[90] 「あっ」と言う象をそのまま連れてくる

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月28日(火)08時57分58秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

「川柳スパイラル」創刊号、畑美樹の作品。
象は読者に親しみのあるイメージを喚起するので、よく使われる。
けれども、この句を読んで私も「あっ」と驚いた。
「あっ」と言う、のあとに切れがあるのではなくて、
〈「あっ」と言う象〉をそのまま連れてくるのである。
どんな象なのか、愉快ではないか。

「あっ」と言う象をそのまま連れてくる   畑美樹



[89] その森にLP廻っておりますか

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月28日(火)08時45分45秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

「川柳スパイラル」創刊号、石田柊馬の作品。
今はもうつかわれなくなったLPレコード。
カセットテープやMDなどあまり使われなくなったものは多い。
その森とはどこだろう。
どこかの森で静かにLPがまわっている。しかも疑問形。
たとえばジャズがさまざまな変遷を経てクロスオーバーやフュージョンになり
姿をかえてきたように、川柳も変貌してゆくのだろう。
そういうことを連想させながら、どこかでLPが静かにまわっている。

その森にLP廻っておりますか     石田柊馬



[88] 受付ました

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月27日(月)19時37分28秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

森山文切さま。
お申し込み、ありがとうございました。
私もお目にかかりたいと思っていましたので、
東京でご都合が合ってよかったです。
よろしくお願いします。



[87] 川柳スパイラル東京合評句会参加希望

投稿者: 森山文切 投稿日:2017年11月27日(月)12時05分18秒 KD182249244037.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

沖縄で川柳をしております森山文切と申します。
ちょうど東京出張があり、12/9の句会に参加させていただけたらと思います。

懇親会も参加したいのですが、フライトの関係で不参加でお願い致します。

http://senryutou-okinawa.com



[86] 川柳スパイラル・東京合評句会(再掲)

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月26日(日)11時33分48秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

「川柳スパイラル」創刊号の合評会を兼ねた句会を開催します。
同人・会員はもちろん、それ以外の方も参加できますので、
ご興味のある方はご連絡ください。
この掲示板にご参加表明していただければ、それでけっこうです。
連絡先・ご住所などは特に必要ありません。

【東京句会】
日時 2017年12月9日(土) 午後1時~5時
会場 北とぴあ 9階 第一和室
    東京都北区王子1-11-1  JR王子駅北口 徒歩2分
雑詠1句・兼題「叫び」1句(投句締切 午後1時30分)
午後1時30分~3時 創刊号の合評会
午後3時30分~5時 句会
会費 1000円
5時過ぎから懇親会を予定しています。(会費、別途徴収)

今回は広い部屋(和室)を借りていますので、人数制限はありませんが、
事前にお申し込みいただければありがたいです。



[85] 電あ波い脳す波る波こ長と血

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月26日(日)10時00分20秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

「川柳スパイラル」創刊号、川合大祐の作品。
二次制作やサブカルを題材にするなど、川合は現代川柳のなかで
果敢に実験的な試みを続けている。
この句では「波」の熟語(漢字)を三つ使い、その間にひらかなをはさみ込む。
電波や脳波で発信しているメッセージは何か。
川柳で愛をストレートに詠むのはむずかしいから、
表現は屈折したものになってゆく。
実験的な表現のうしろに真情を隠しているのだろう。
それが甘い認識でないことは最後の「血」が示している。

電あ波い脳す波る波こ長と血    川合大祐



[84] トッピング座禅の僧が五・六人

投稿者: KOIKE 投稿日:2017年11月26日(日)09時32分2秒 zaq7718ebcc.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「川柳スパイラル」創刊号、悠とし子の作品。
料理のトッピングと座禅の僧との関係性に飛躍感がある。
トッピングして料理を楽しんでいる世俗人と座禅の僧の対照なのか。
座禅の僧が社会のなかで一種のトッピングのような存在なのか。
あまり意味を考えすぎると、この句はおもしろくなくなる。
この書き方は俳句の取り合わせに似ているが、
川柳は前句付をルーツとするので、前句(ひとつの言葉)からの飛躍が生命線となる。
この句では「トッピング」から「座禅の僧」へと遠くまで連想が飛躍したところに
快感を感じる。それが結果的に俳句の取り合わせに似てくる。

トッピング座禅の僧が五・六人   悠とし子


レンタル掲示板
93件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.