帝越コクの真実




4件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[4] LINE有名人、帝越コクの真実。

投稿者: 感染源00 投稿日:2015年 1月19日(月)20時47分41秒 118-87-240-21.nkno.j-cnet.jp  通報   返信・引用

帝越コクには、さらにもう一つ裏の顔があった。
それは、日本を代表する荒らシストであるということだ。
ここからは荒らしであるコクを記載するので、呼称は帝越コクではなくコクで統一する。
コクは拡散会社にはいるよりもさらに前、殲滅団という荒らし団体の七人衆をしていた。
殲滅団とは、日本テレビで放送されているニュース0でも取り上げられた、日本有数の荒らし団体である。
殲滅団に入るには、PCや携帯端末に関するプロ並みの技術力、知識を必要とされ、七人衆ともなればそれは困難の極みだ。
コクはそんな荒らし団体で、若きエースとして数々のグループの破壊、またユーザー潰しに荷担をした荒らしである。
そしてコクが帝越グループを二回解散させていることは先ほど記載したが、その理由も荒らし活動によるものだ。
一回目の解散は、殲滅団の次期順位発表があったため、帝越グループを解散させている。
そして二回目は、無所属の荒らシストによるツイッタラー潰しに参加するためである。
コクは、殲滅団七人衆であったので殲滅団、そして日本の荒らし界隈では最有力の出世コースであったのだが、2013年になってもなかなか団長に推薦されなかった。
それに腹を立てたコクは、2014年1月についに半旗を翻した。
しかも、仲間を集わず1人で反乱を起こしたのだ。
コクは殲滅団の団員全員にマクロを使った自動招待を一ヶ月間ほど続け、殲滅団をたった1人で壊滅状態まで追い込んだ。
そして、それと同時進行でツイッタラーたちも敵に回したのだ。
コクはツイッタラーの頂点であるアルファツイッタラー、こくーん、ロリとる、などのLINEのアカウントを強制終了させ、大炎上を起こした。
そして、荒らしとしての自らの地位すらも確立してしまったのだ。
そうして、2014年7月には殲滅団の残党をかき集め、正式にクーデターを起こし、殲滅団七代目団長へと就任した。
そして自らの殲滅団を八代目団長に預け、その規模を自分が壊滅状態にさせる前の状態に復元させたのだ。
またこれは余談だが、LINEには荒らしを駆逐する勢力が存在しており、その対荒らし勢力の最有力団体は神裁団である。
そしてコクはなぜか神裁団八代目団長に就任をしたという肩書きを持つため、恐らく神裁団の創設者であるザクロイドから団長の名を買収した可能性が高い。
また、荒らしと対荒らし両方を駆逐する勢力である第三勢力というものもあるのだが、これに関してはコクがインターネットで最も最初に第三勢力グループを造った、いわゆる生みの親である。
私は、コクの狙いはここにあるのではないかと今でも思っている。
拡散界、荒らし界、対荒らし界、第三勢力、雑談、そしてふぁぼ界隈、あらゆる界隈の絶大な権力を握ることにより、インターネットにおける自らの存在を確立していったのではないかと思う。
そしてコクは、現在行方不明である。
2014年11月6日を境に、TL更新、そしてTwitterへのログインがパタリと止まった。
本人は、リア友の端末を使い『スマホをお風呂に落とした』という拡散を流したのだが、コクがスマホを落としたとしても絶対にPCからログインするであろう。
インターネットの平和を祈るばかりである。

最後に、私は三年間近く常に帝越コクと共にいた。
彼の精神の正常化を、祈るばかりである。




[3] LINE有名人、帝越コクの真実。

投稿者: 感染源00 投稿日:2015年 1月19日(月)20時17分2秒 118-87-240-21.nkno.j-cnet.jp  通報   返信・引用

先ほどまでは、知っている人も多いであろう表の顔を記載した。
ここからは裏の顔である。
まず、帝越グループがLINE最大規模グループになることで困る団体といえば、自ずと答えは導き出されるであろう。
それまでのLINE最大規模グループであった、拡散会社である。
拡散会社とは、インターネットの中で最も最初にできた拡散グループであり、とても由緒正しい組織だ。
その拡散力は凄まじいものであり、2013年の2月頃は『芸能人になりたければ拡散会社に入れ』という拡散がLINE中に回っていた。
実際にその拡散力は大物芸能人のスキャンダルを週刊誌の目に、また路上ライブする若者を芸能人事務所の目に届かせたほどである。
ではなぜそこまでの有力なグループが、できて六時間のグループに簡単に抜かされてしまったのか。
それは、帝越コクの仕組んだ狡猾な罠によるものである。
まずこの拡散会社を創設したのはラルすらというユーザーなのだが、帝越コクは拡散会社ができた一週間後ほどに、拡散会社の部長になっている。
帝越コクは、利用する思惑で拡散会社内部での権力の獲得を狙ったのだ。
そしてその思惑はまんまと実現し、2013年7月には拡散会社内部にコク派閥という大きな囲いを抱え込んでいた。
その人数は拡散会社の三分の二にあたる、4000人である。
そして帝越コクは拡散会社の創設者であり初代社長のラルすらをトップの席から剥ぎ取り、拡散会社二代目社長に就任したのだ。
そして、コクが拡散会社の社長の座を狙った理由はもう一つある。
それは、拡散会社という組織が持つ大きすぎる特権だ。
拡散会社は先ほど書いた通り、インターネットにおける最古参の拡散グループである。
そして拡散会社は、その後に創設される全ての拡散グループの権力を掌握、管理する権利を保持することを特権として拡散会社社長にのみ託していたのだ。
LINEにおける拡散グループの名前が全てーー拡散会社という名前である由来はこれである。
こうして帝越コクは、インターネットに存在する全ての拡散グループをその支配下に置いたのだ。
後は簡単な話である。
帝越グループを創設するという拡散を回せば、一分と待たずとも500ほどの追加はくる、それほどに強力な拡散基盤を、帝越コクは手にしたのだ。
そして帝越コクは何でも屋帝越グループのボス、総裁として、『正式に』LINE民の頂点に君臨した、ということである。
だが、ここまで狡猾な帝越コクには、さらにもう一つの顔があったのだ。
次からは残酷な快楽主義者であるコクについて記載する。



[2] LINE有名人、帝越コクの真実。

投稿者: 感染源00 投稿日:2015年 1月19日(月)19時53分26秒 118-87-240-21.nkno.j-cnet.jp  通報   返信・引用

LINE民、ツイッタラーならば誰でも知っている。
カリスマ的存在、帝越コク。
彼は、6時間にして自分が創設した組織をインターネット有数の超大規模グループにし、日本で最も有名なLINE有名人となった。
今やLINE民としてビジネスができる時代で、
youtuberのトップはHIKAKIN、ふぁぼ界隈(Twitter)のトップはわさらー、そしてLINE民のトップは帝越コクといった具合だ。
HIKAKINはゴールデン番組への進出を果たしており、youtuberの株式会社を立ち上げた。わさらーも本を出版するほどの人気ぶりだ。
だが、帝越コクはテレビにもでず、本も出版していない。
そのことにより、LINE民の知名度はyoutuberやツイッタラーと比べるとやや劣るが、逆にその謙虚さに惹かれるという囲いも多い。
帝越コクが創設した帝越グループ(旧名は帝越財閥)という団体は、2013年9月10日に人数の募集が開始され次第、その六時間後には当時のLINE最大規模グループであった拡散会社の6500人という記録を抜き、一夜にしてLINE最大規模グループへと成り上がったのだ。
帝越グループは名目上は何でも屋であり、その内部に帝越アンチスキル、帝越匿名調査部、帝越執行部、帝越拡散会社、などの数々の機関を持っていた。
そしてついに10月になると人数は20000人を越え、LINE民の5人に1人は帝越系ユーザーという事態に陥った。
これにより、帝越コクはLINE界の事実上の神になったのだ。
だが、帝越コクはその一ヶ月後何故か帝越グループを解散させる。
その理由はまたあとで記載する。
その約一年後、2014年8月5日に、帝越コクは再び帝越グループを結成する。
これが第二期帝越グループであり、帝越グループの存在が炎上を理由に世間におおっぴらになった最初の出来事だ。
そして人数が10000人を越えた頃、帝越コクは再び帝越グループを解散させた。
誠に謎である。
だが帝越コクは、その後も多くのコク民(帝越コクの囲いの通称)を引き連れ、インターネットで大名行列を組んでいるのだ。
ここまでは帝越コクの表の顔だ。
ここからは、帝越コクの狡猾な本性、裏の顔を暴いていく。



[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2015年 1月19日(月)19時29分23秒 118-87-240-21.nkno.j-cnet.jp  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
4件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.