栃木県実業団剣道連盟みんなの掲示板



カテゴリ:[ スポーツ ]


15件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[16] 真徳館の大会に審判員で参加しました

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月30日(日)17時00分25秒 sp49-98-8-8.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

4月29日(昭和の日)第33回天道学院真徳武道館剣道大会の審判に行ってきました。

この大会は、県内各地の道場から集まった小学生の団体戦を一会場で行う大会で、栃木県実業団剣道連盟所属の先生では、太田・稲葉各常任理事と柳生・新川各賛助会員の先生方が審判員で参加していました。また、酒井常任理事・松井賛助会員は監督で子供の応援に声を上げていました。

優勝は、佐野日大高校大関先生の御子息、大河原常任理事の御子息、白石栃木県剣道連盟会長のお孫さんと関口選手で圧倒的な強さを発揮した練兵館道場でした。おめでとうございました。

追伸:一会場で行う貴重な大会は、少なくなっていると思います。
早々




[15] 第48回栃木県実業団剣道大会(個人戦)が盛大に開催されました

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月25日(火)20時43分40秒 fp276e5445.tcga207.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

4月23日(日)河内体育館にて第48回栃木県実業団剣道大会(個人戦)が開催されました。
 阿部会長(栃木県実業団剣道連盟会長)・白石正範様(栃木県剣道連盟会長)の挨拶のあと、新川健太郎選手の選手宣誓・吉澤和夫審判長説示と進み試合開始です。
今回「ねんりんの部」を新設して9部門:過去最高の279名の選手が集結して各会場で熱戦が繰り広げられました。
各会場とも順調に進みましたが、やはり何度も対戦している試合では「延長・延長」の熱戦となり緊迫した試合が展開されました。
最後の試合は、やはり「ねんりんの部」決勝戦です。
主審:高濱先生、副審:松村先生・副審:富田先生の審判により、黒須先生(農業)対島田先生(実業団副会長)の対戦です。島田副会長頑張りましたが、一歩及ばす黒須先生に軍配が上がりました。黒須先生・・・真新しいカップに初代優勝者として刻まれます。おめでとうございました。
また、審判の労をいただいた先生方ご協力ありがとうございました。
来年も多くの先生方の参加をお待ち申し上げます。
早々



[14] 栃木県実業団剣道大会(個人戦)が開催されます

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月21日(金)18時36分33秒 sp1-75-251-235.msb.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

4月23日(日)河内体育館にて第48回栃木県実業団剣道大会(個人戦)が開催されます。

今回は、新しく「ねんりんの部」を追加して9部門過去最高272名の参加者を迎えて開催されます。
今回、「ねんりんの部」を新設するにあたり根岸相談役よりカップを寄贈したいとの申し出を受け、小生が一番大きなカップをご用意させていただきました。根岸先生、大きなカップになってしまいましたがありがとうごさいます。

試合に関して、やはり「ねんりんの部」(60歳以上、性別問わず、段位制限なし)でベテランの先生方が、どのような試合運びを行うか、玄妙な技が炸裂するか。こうご期待です。

試合終了後、合同稽古会も予定しておりますので、多くの皆様のご参加お待ちしております。
早々



[13] 立会(審査)の所作について

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月18日(火)06時34分46秒 sp49-98-142-156.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

立会の所作についてご紹介します
○三歩で開始線に届く位置に進む (思ったより遠くで立礼して四歩になる方を見かけませんか)
○立礼は呼吸を合わせて15度に(勝手に立礼して前へ進む方を見かけませんか)
○竹刀の柄頭を身体の中心に竹刀の角度は45度を意識して(竹刀が水平で進んでいる方を見かけませんか)
○三歩摺り足で進んで開始線に合わせて蹲踞(歩く際、踵から付く歩み方を見かけませんか)
以下は先生方から指導を受けた表現方法です。
○左手で「鯉口を切る」仕草を入れると刀さばきに見えます
○蹲踞は相手よりやや遅れて動作に移る
○「始め」の合図でも相手よりやや遅れて動作に移る(格の違いを表現)
○立ち上がったら半歩前へ(攻め込む気迫を表現)
○遠間から触刃の間付近で気合をかける (相手の気合より大きい声で:相手の声をかき消す声で)
○触刃の間→交刃の間→一足一刀の間→打ち間を考えて勝負です
※一番重要なことは「先」の気持ちで攻め込んで、ここと思った時に打ち切ることですね。
参考にして下さい



[11] 稽古は意識して取組むことが重要

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月15日(土)09時10分25秒 sp49-98-167-216.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

昨日、氏家中学校での稽古会に参加させていただきました。栃木県実業団剣道連盟所属で稽古に来ていた先生は、根岸相談役、加藤理事長、茂呂副理事長、濱崎参与、磯(八段)吉澤(八段)中山、相沢、増山、金田、菊池、大塚各賛助会員の先生方が汗を流しています。
今回は根岸先生に稽古をお願いして気付いた点をご紹介いたします。
○昇段審査を意識して稽古を行うことが重要。今の時期は1回1回八段二次審査に望む気持ちで稽古を行うよう指導をいただきました。
稽古では、根岸先生に攻め込まれて、攻め返して面に打ち込んだところを出小手に応じられました。やはり「先」の気持ちが重要と感じました。
早々



[10] 剣道講習会①を受講して

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月10日(月)22時40分26秒 fp276e5445.tcga207.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

4月9日(日)栃木県武道館で行われた剣道講習会①:参加者180名強、講師:渡辺先生・吉澤先生・松村先生に参加しました。午前中は、渡辺講師による座学と木刀による剣道基本技稽古法を学び午後は審判法を受講しましたが大勢の受講者で会場が狭く感じました。
今回の講習会で変更になった点・気づいた点をご紹介いたします。
【変更になった点】
◯審判員(試合終了後)の審判旗の巻き方が、従来の楯巻きから横巻きに統一されました。
 注意点としては、必ず横巻きにするのではなく大会毎の取り決めで縦巻きになる場合もあるとのことでした。栃木県実業団剣道大会については、今後横巻きに統一したいと思います。
【気がついた点】
◯審判員は、試合場で三人が定位置に付いて三名の審判員が一緒に審判旗を解いて試合者を会場に向かい入れる。
◯副審は、定位置に付いたら主審を真っ直ぐに見る。(やや身体を内側に)
◯団体試合(試合終了)の場合、整列し主審の号令による「相互の礼」の後、選手が会場から出てから審判員が退場する。
◯有効打突の条件を理解して審判を行う。
有効打突は、剣道試合・審判規則第12条に「充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるもの」と規定されている。このような諸条件を満たした一本が有効打突となる。言いかえれば、気剣体一致の打突である。
 有効な打突は理合と残心からなっており、理合を要素と要件に分けると、要素には、間合・機会・体さばき・手のうちの作用・強さと冴えが含まれる。要件には、姿勢・気勢(発声)・打突部位・竹刀の打突部・刃筋が含まれる。残心は、打突後の身構え・気構えである
◯「場外反則」について、身体の一部が場外に出たら反則とする。
 皆さんに質問です。(反則ですか。)
1. 倒れて竹刀が場外に出た場合?
2. 倒れて面紐が場外に出た場合?
3. 倒れて面金が場外に出た場合?
4. 倒れて肘が場外に出た場合?
回答:1.2.反則ではない。(身体の一部ではない)
  :3.反則となる。(ただし、状況で判断する。)
   :4.反則となる。
◯選手がもつれて場外に出そうとなった場合は早めに「止め」の宣告を行う。
◯場外反則において、打突の意思がなく押し出して相手を場外に出した場合は、押し出した者を反則とする。(見極めが必要)
参考にして下さい。
早々



[9] 個人戦組み合わせが決定

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 4月 3日(月)13時59分35秒 sp49-98-170-201.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

4月1日(土)宇都宮市職員会館にて第48回栃木県実業団剣道大会(個人戦)の組み合わせを行いました。
今回の大会は、「ねんりんの部」(60歳以上・性別制限なし・段位制限なし)の部門を新設し、出場者は総数272名と過去最高となりました。最年少:18歳から最高齢:75歳までの選手が9部門に分かれ試合が展開されます。
[各部門は以下のとおり]
○女子三段以下の部
○女子四段以上の部
○二段以下の部
○三段の部
○四段の部
○五段の部
○六段以上50歳未満の部
○六段以上50歳以上の部
○ねんりんの部

実業団剣士も例年レベルアップしておりますので、多くの皆様の応援よろしくお願い申し上げます。
追伸:組み合わせについては大会当日のお楽しみにして下さい。



[8] 第26回全国高等学校剣道選抜大会を観戦して

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 3月30日(木)21時54分48秒 fp276e5445.tcga207.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

3月27~28日愛知県春日井市(春日井市総合体育館)で第26回全国高等学校剣道選抜大会が開催され観戦に行ってきました。
この大会は、全国から選抜された男女各64校、5人制団体戦:先鋒、次鋒、中堅、副将、大将で日本一を争う大会です。

栃木県からは、男子の部で佐野日大高校、女子の部で作新学院(小生の母校)が出場し、作新の初出場の応援に妻と一緒に観戦に行きました。
春日井市総合体育館は、小生の娘(文星女子高校)が本大会に出場して応援に来て以来で思い出の会場でもあり、楽しみながら観戦させていただきました。

作新学院の1回戦(土浦湖北高校:茨城県)の試合は、第1会場第1試合「正面に礼」の挨拶で試合開始です。代表戦にもつれ込む熱戦となりましたが、大将の中川選手の返し胴で勝利。2回戦(高松商業:香川県)は、「勝って・負けて」の混戦となりましたが、2対1で勝利。ベスト16進出です。3回戦(阿蘇中央高校:熊本県)も「負けて・勝って」の代表戦になりましたが、惜しくも敗退しました。持久戦になるので体力と精神力が求められ、やはり全国大会と感じました。佐野日大高校はベスト8進出でした。おめでとうございました。

特に印象に残った学校は、男子の部(九州学院:熊本県)ですね。鋭い剣さばきと打ち合いでは他を圧倒していました。5連覇です。女子の部では、やはり中村学園女子ですね。全く動じない・引かない・下がらない、まるで大人の試合。見事でした。

【試合結果:男子の部】
優 勝:九州学院
準優勝:水戸葵陵
第三位:東福岡
第三位:桐蔭学園

【試合結果:女子の部】
優 勝:中村学園女子
準優勝:筑紫台
第三位:須磨学園
第三位:磐田西



[7] 野間道場に行って来ました

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 3月26日(日)06時32分32秒 sp49-98-170-201.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

3月25日(土)野間道場(講談社:東京都護国寺)の稽古に参加させていただきました。この稽古会は、渡邊哲也範士(元警視庁師範:八段審査員)の個別指導(月1回)で小生も年間数回参加しています。
[切り返し]
○最初の面は体当たりをしない。(最初の面・途中の面・最後の面は全て同じ打ち方)
○左右面は打突部位を刃筋正しく、左手は身体の中心を外さない。
○元立に合わせて行う。(自分勝手にやらない)
○呼吸法を意識して行う。(左右面の後の面は息継ぎしない)
[面打ち]
○一足一刀間から少し攻めて(大きく入らない)打つ。(打ち間を意識:右足左足と入る、右足のみ入る、右足は動かさないで左足のみ引き付ける)
[応じ技]
○面に対する応じ技・小手に対する応じ技は、相手の中心を攻めて相手を引き出してから打つ。(相手の反応が遅い時、呼吸が合わない時は打たない)
[稽古]
渡邊先生に稽古をお願いしましたが、打ち込むと喉元に剣先がグサリ(桜模様がクッキリ2カ所)、攻め入れないと先生に攻め入られて面をズドン。全く刃が立ちませんでした。稽古後、挨拶に伺うと[練りが足らない]と一言(撃沈)。
大変勉強になりました。
早々



[6] 八段審査に向けて

投稿者: 茂呂事務局長 投稿日:2017年 3月20日(月)17時07分2秒 sp49-98-165-30.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

昨日、作新学院武道館をお借りして八段受験者研究会(数名の剣道愛好家が月1回程度集まって)を楽しく和気あいあい行っています。始まる前に八段一次・二次審査を見て、モチベーションを上げるところから始まります。
その後、基本打ち・応じ技・立会を全てビデオ撮影を行い、その場でテレビに放映して、立ち姿・打突姿勢・残心まで皆さんと話し合いながら研究・工夫を目的にしています。
各先生方からは「少し力んでいるかな」「打突の音が良いね」「相手を考えないで打ち込んでいないかな」「相手を崩した打突は素晴らしい」等色々な声が聞けてとても参考になります。
自分の姿をビデオで確認すると「良い点と改善点」が見えて良いと感じました。
早々


レンタル掲示板
15件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.