素粒子空理空論 ニルバーナ 一語いい智慧



カテゴリ:[ その他 ] キーワード: 素粒子空理空論 涅槃 生、死、好き、嫌い 生存欲 渇愛 思考糞便論 基本粒子 無常うなぎ 無意味・無価値 素粒子空 科学 宗教 だからどうした? 定義 解脱 無執着 無常 無意味・無価値 無我 素粒子空 ニルヴァーナ ニルバーナ ドーパミン、性、快楽、大安楽 因果法則 条件反応 無我宇宙解脱 コナゴナ 波動 6根 感覚 概念 コトバ 苦しみ 一語智慧、覚醒 無比楽 気持ちいい うざい かったるい あほらしい 生きるに値しない どうでもいい 死んでもかまへん たいしたことない ありふれている 飽き飽きウンザリガニ スベスベマンジュウガニ サラサラ 即今 here and now So what? Gyahaha ギャハハ 喜楽 気楽 ニッバーナ だから、どうした? U can't touch this.


741件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[743] 人類は何かの冗談にすぎない

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月25日(土)22時39分43秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

人類は何々である、という規定自体がアホなんやな。そんなん素粒子にすぎないんやからな。
ではなにが、生命か?
生命こそ冗談やろ。ただの認識機能やろ。
死人に口なし。ほら、今死んだ死人は、認識機能ないから、今死んだ死人の目玉くりぬいても、別に反応ない。
生き馬の目を抜くから、大騒ぎやろ。生き馬は認識機能あるからな。どう見ても。黙ってるわけないやろ。ギャハハ。
別に生き馬は、痛いということを認識するから、認識機能が発達したというわけではなく、エサと雌馬を
認識するように認識機能があるわけや。そりゃ、生き馬の目を抜くような、肉食動物から走って逃げるように、それ認識するというのももちろんあるけど、それは二義的。

まあ、そんなんどうでもええけど。
生命、生きること、命、ライフ、サバイバル、生存は、ではどうか?
なにか好きになったら、執着になるし、手に入っていない、ほしい、なりたいものはなかなか手に入らず、入っても、喜びは無常で一時的、夢のように過ぎ去る、さらに、悔しくなって、追いかけるから、気が休まらないし、いつまでたっても満足しない。
一方、嫌いなものはありふれていて、ぶっ殺したいけど、ぶっ殺し切れない、自分をぶっ殺すのも痛いから嫌い。なら嫌いなものから逃げようとしても、逃げても逃げても、影のようについてきて、どこでも嫌いなものがあるから、それは好きを追いかけるのとおなじように、苦痛。逃げ切れない。

さらに、一瞬、一瞬年取るし、後期高齢者にはなるは、ボケるは、目はかすむ、腰はいたくなるは、歯も時々痛む、こうしてはいられないと、スポーツすると筋肉痛、風邪はひくは、怪我するわ、病気になるは、入院するわ、で、これがいったい楽しい人生なのか? ギャハハ。
そして、おきまりの死や。死ぬことは確実だけど、いつ、どう死ぬかは、不確定。不確実。不安、心配? 恐怖?
そもそも生まれた時から、オギャーやで。なんやこんなところ、という感じだったんや。だれが、ニコニコ生まれたの?
生きるのがディスニーランドだったら、普通ギャハハと大笑いして生まれ出るのが、正直のはずやろ。

それなのに、生きること、命、生命に価値入れる?

それ以外にも生きているだけで、悲しく、嘆き、苦痛、苦悩で、憂鬱のオンパレードやないか。生存苦やな。これ。

世俗にもあるやろ。泣くため生まれて来たような、こんな世間に未練など、これっぱかりもないけれど~~
はー、どうした? どうした? とか。ギャハハ。

生きていたい、生きたいたい、死にたくないという生存欲は、だから、よほどの勘違い、ジョーク、笑い話やろ。

だって、生存苦なのに、生きていたい、と必死になるのは、苦しみたいとシッチャカメッチャカ努力することやからな。
苦しいのに、それ求めて、生存したいと叫ぶのは変態以外、いないはずなんや。ホンマ。ムチで叩かれたり、ロウソクタラーリというのが、好きなら、話別やけど。ギャハハ。
まあ、世の中、歯医者好きなやつもいるからな。ギャハハ。

だから、生命、人類の傾向として、この変態性があると素粒子空理空論ではいうわけや。
これはたちの悪い冗談か、ブラックジョークなのか、勘違いなのか?

まあ、そうはいっても、これこれ、こういうことがあるから、生命は、たのしいんや、というかもしれん。

では、これこれ、こういうこととは、いったいなんや? これこれ、こういうことが、ホンマ人類共通苦痛、むなしさに導かないものであれば、いいんだけどなー。

ギャハハ、そんなんあるわけない。だから、命、生命、認識機能が苦であるのを認めることや。別に苦であるのは、生命、命、人類の性でも何でもない。能力が低いから、苦痛でむなしい訳でも何でもない。それは真理なんやな。ギャハハ。

?




[742] 言葉解脱

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月20日(月)21時53分3秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

言葉使ってるから、人類悩みがつきない。それはニルバーナ大安楽の障害物なんやな。

科学、宗教、哲学、思想、意見、思い、考え、コメントは、それは、言葉やイメージ、概念だから、それはそれ、シャバダビヤ勘違い王国のものであって、ニルバーナのものではない、とおさえる。

それで、ニルバーナ観点からは、言葉、意見、理論は、すべて素粒子空理空論だとおさえるわけや。
だって、そうやろ、宇宙森羅万象、阿部首相からトランプ、ホームレス、人体、人類、人類脳、人類脳の電気信号含めて、素粒子空で、エナジーで小麦粉のように、中心ないもつまらないものでできていて、そこに、元来、シャバダビヤ王国の概念、言葉、理論なんてないやろ。
だから、あっさり、そんなん空理空論でポイ捨てやで。ギャハハ。

そんなことはどーでもええ。ポイントは言葉解脱やな。
名詞は、勘違いの最たるものやろ。素粒子エナジーワンネス宇宙しかないのに、それに、言語野の言葉貼り付けて、喜んでもしようがないやろ。あまつさえ、それがホンマにある実体だと勘違いしているから、こんなもので、ニルバーナになるわけないやろ。さらに、天皇という言葉で価値が高くなり、クソというと、最下位の感覚がわき起こるんやで、言葉には、こういう、アホのような性質あるから、そんなのに関わるほど、アホの更新現象が拡大するんや。ギャハハ。

形容詞もニルバーナ観点からは、不成立やな。元来、素粒子空なのに、なにが、美しいだのすごいだの、汚いだのたいしたことないだのと、レッテルはるかなー。形容動詞もだめやな。静かな、きれいな、というのは形容動詞いうけど、それは、形容詞に判断くっついたものやな。
そんなのシャバダビヤ王国の伝統、習慣やろ。
だから、形容詞もだめ。

動詞は? 動詞も信用できない。というか、言葉は、ニルバーナ観点からポイ捨てなものやで。もともと。
まあ、動詞も刹那刹那変化するという動詞以外、なにやら怪しい。
とくに、持っている、ハブというのが、クソ概念やな。所有している、というやつや。
ニルバーナは所有権放棄やからなー。というより、アンタッチャブルなんやな。
私が、能力をもっている。といっても、そもそも私はいないし、能力ってなによ?
そんなんただの素粒子空の運動、無常にすぎんやろ。
なんのいったことにもならんわ。ニルバーナ観点では。ギャハハ。

あと、判断やな。で、です。である。だ、の系統。
私は偉い。というやろ。
私はいない。偉いって、宇宙素粒子に偉いというものあるのか? 偉いも、偉くないもその中間、グラデーションも、シャバダビヤ王国のなにか不正確な基準やろ。そんなのニルバーナに関係しない。

私は偉い。というのは、私は偉いのである。私は偉いのだ、という判断隠れている。
その判断は、正しいのか? 真理か?
宇宙素粒子空なのに、そういう判断できると、判断する?

言わなくても、分かるやろ。

言葉自体が、ニルバーナ観点からはすべて勘違いの空理空論。そういうの集めて文字列連ねてた理論もすべて空理空論、ブッダしゃべったことさえ、空理空論なんやで。ギャハハ。

だから、そういう、空理空論、言葉にはよほど注意して、扱わないとな、そして、そういう言葉から脱出しないと。

そうすれば、ニルバーナなんやな。いとも簡単に。概念外、言葉外涅槃やで。ギャハハ。

?



[741] たとえば神

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月20日(月)00時10分35秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用

たとえば、神はいるんだ、と力説する人がいたら、どないや?

どないや、といっても、それはそれ聞いた人類、いろいろな反応するやろ。
山川草木、すべて神が宿っている、というアニミズム的なもの、
元一如であった魂が宿ってるヒンドゥー的神ブラフマン。
キリスト、アッラー、現人神などの一神教。
自然を説明する原理、それが神、という理神論の神。
いやいや、宇宙の原理、という精神世界の神。
なに、宇宙の因果法則を昔の言葉では神というとか。
いやいや、神は死んだ。科学が神。
いやいや、神の言葉は、人間がそれよみとかなくなてはならんのよ、という科学者の神。
なーに、神なんているわけない。阿弥陀仏がいるだけなんや、という南無阿弥陀仏。
なに、神も仏もない。神はかまうな、仏ほっとけ、ギャハハとか。

神も超能力仏も幻想、幻覚。人類の恐怖心が生み出した、共同幻想。苦しいときの神頼み。
信仰はアヘンにすぎない。

とかいろいろやな。

まあ、神概念にしてもいろいろでんな。まあ、そんなことはどーでもええんや。

つまり、人類、一つの概念に対して、いろいろに神経細胞回転させるので、こういう結果になるわけや。

では、素粒子空理空論では?

つまりそもそも、概念、言葉自体、離れる対象。それは、ニルバーナ及び素粒子空的宇宙を前にして、クソの役にもたたない、とバッサリ切り捨て、使った割り箸のようにポイ捨てや。

概念、言葉、感覚、イメージ、記憶、哲学思想、宗教そんなものは、価値あるどころか、苦の原因と見切って、ノータッチ。

戯論寂滅、想厭理、顛倒夢想を蹴飛ばしてしまって、無念無想やな。

だって、そもそも、概念、言葉自体、シャバダビヤ勘違い王国のものだから、ニルバーナ観点にはできるだけ侵入させることは、不必要なんやな。

だから、わざわざ、概念、言葉、感覚、イメージ、記憶、哲学思想、宗教のどこがダメで、どういう苦の原因になるか、観察するんやからなー。

?



[740] だから方向が逆

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月19日(日)20時44分39秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用

まあ、ニルバーナは別にくろうすることもなく、学校のあらゆる勉強とか、スポーツ、習い事より、
あほらしいくらい簡単なんやと経験確信していても、いざ、それを分からせることは、ほぼ無理なんやな。

どうして? そんな簡単なら、誰でも、理解して、実行するやないか、というかもなー。

答えもまた簡単。つまり、理解する側の認識機能なんやな。たとえ、実行は、おいておくとして、理解ぐらいしてみよう、という人でも、すでに、認識機能にすでに知ってるもの、大前提、思いこみ勘違いがあるんや。しかし、当人には、それが、見つけられないわけや。

だから、外にあるものを手に入れる方向にいくほうが簡単に見えてしまって、こちらの認識機能にある勘違いを解消してみようか、という方向にはむかないんやな。

これは、ある意味当然で、認識機能自体は、外のものを認識するようにできていて、自分の認識機能そのものや、その勘違いはどうなのか、と調べる方向は、人類、苦手に決まってるやろ。

ほかの動物を狩る行動200万年やり続けていたんやから、認識機能が外に向かうのは当然だし、のうぎょうだって、天気、気温、植物、害虫という外側を熱心に観察したわけやからなー。こういう原因条件あるから、そう簡単に説く人が、すばらしくても、ブッダのように権威があっても、なかなかどうして、気楽においそれと理解するのも難しいわけや。

どうして、こんな簡単なことが分からないのか、と言われても、なにしてもどーしようもないのが事実。

だから、要は、勘違いについて、その構造よく知って、気軽に調べて、観察するというごく平凡な、シンプルなことになるわけなんや。

別に人類75億、勘違いしているのは、普通のことであたりまえなんやからな。それを個人の責任にして、自己嫌悪する必要は毛頭ないわけや。

そもそも、自己嫌悪することも不可能。なぜなら、自分なんて、それも勘違いなんやからなー。ギャハハ。



[739] 哲学と論理学

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月16日(木)23時29分55秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用

ここは、ニルバーナに関して、研究して、その成果をシェアーするものであって、哲学、論理学、読み物とかとは、全然関係ないんやな。
まさか、知識を紹介する所でもない。議論もしない。シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会も研究しない、そんなん、切り捨てや。
絞りにしぼって、ニルバーナのみや。ギャハハ。

もちろん、ニルバーナとシャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会は、相互依存しているから、その範囲では、シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会には言及するけど、そこには、ニルバーナはないからなー。いくら研究しても。
法学、経済学、社会学、哲学、論理学、文学に至るまで、それは、なんらかシャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会便利にするで、科学と工学ももちろん。

しかし、そこにはニルバーナはないと、明らかに見て、ぶったぎらないとなー。
宗教や、宗教学にもニルバーナはない。
信仰にももちろんない。
なんせ、一切世間不喜想といって、シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会を厭離する瞑想するわけやからなー。

さらに素粒子空理空論では、人類、人権、宇宙からも解脱する。
もちろん、ニルバーナも宇宙下のものやから、ニルバーナからも解脱するわけや。

つまり一切無執着やな。宇宙解脱やでー。
こんなすっきりした空理空論もないやろ。ギャハハ。



[738] 言葉はずし実験

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月16日(木)22時29分22秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用

ホンマは、言葉、思考は、感覚という第一信号系の土台の上に構築される、第二信号系なんや。

だから、根本から言葉、思考はずすのは、その土台の感覚をはずさなならんわけ。

さらに、それは、生存欲、変更破壊衝動、6根刺激欲しい、という好き嫌い、勘違いの3本柱、これら根本的に人類アホにしてる根底原因をテロって破壊しない、と根治しないんや。

と、いうことやけど、ここでは、善悪から解脱してみるで、試しに。この反対概念、対義語から、うまく、ビヨンドできたら、その調子で、美醜、左右、大小、有無、老若、生死とビヨンドしていけば、ええだけや。

善悪ビヨンドは、善悪の彼岸やで。善悪哲学したり、それについて、考察することではないんや。そんなん、人類ずっとやって、結論出てないから、無駄。それを解決は言葉、概念の性質上、原理的に無理やで。

だって、宇宙は、もともと、エターナルチェンジしてる素粒子空にすぎないんやから、それを固定性質もった、善悪概念をはりつけているにすぎない。ウナギをひょうたんでつかまえようという努力や。

だから善悪の彼岸するだけや。要は。宇宙は、無常、無意味、無価値、空や。それに対して、善悪は、どうか、と観察するだけ。約5分やな。
善か、悪のどっちか消してしまってもいい。そしたら、善悪消えてしまうやろ。相対概念だから。

さらに、善に価値入れて、悪はいやだ、という価値観あるから、自分を消して見る。価値も好き嫌いも消える。

自分ーー善悪の自分消すわけや。そしたら、善悪自体、消えてしまうやろ。

ほら、概念なんてこんなものや。善悪は、不成立だと分かるやろ。ただのレッテルだったと。

さらに、善悪自体、善と悪の相対性持ってる脳の言語野の癖で、さらに、それを対象にするとこっち側の自分概念とも相対性もっている代物にすぎん。概念二重相対性理論やな。

こんなものにいちいち悩まされても仕方ないやろ。

ギャハハと笑ってポイ捨てやろ。

それが善悪の彼岸、すっきりした不思善悪の素粒子空宇宙やろ。ギャハハ。




?



[737] ワードからビヨンド

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月16日(木)22時01分58秒 softbank126075044024.bbtec.net  通報   返信・引用

すべての見解に対する執着、はりつき、固定は苦の原因なんやな。
流動、エターナルチェンジする概念、言葉は、そのとき、そのとき繰り出されている分には、支障がない。

ただ、石に刻んだ文字のようにクソ脳に刻印されたら、それに反するものに出会ったり、考えるだけで、苦やな。そんなの普通やろ、というかもしれないけど、この微妙な苦も苦やで。

さらに、反対概念な。流動してるからええやないか、というけど、それはただ、同じ回路ぐるぐる回るだけ、たとえば、善悪やな。よい悪い、好き嫌いとか、こういうのは、ただ、結論で出さないで、回転するだけ。

そもそも、言葉、概念は、シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会のものだからな。
大ニルバーナには、言葉、概念はおろか、素粒子空も認識しないんやからなー。

言葉、概念なんて、ただのレッテルやで。脳科学的にいっても言語野は、ニルバーナにもともと関係しないからなー。

ただ、文字、概念、言葉に価値入れていてるな。
それはそうやろ、法律、命令、注文、計算とシャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会は、それで回っているんやからなー。
さらに、言葉、一語一語に価値観とか、薄い感覚がともなうやろ。ダイヤモンド、ホームレス、犬、クソ・・・・というだけで、ある種微妙な感じがする。ある種高低価値観もぬりこめられている。

ほらほら、大ニルバーナは、感覚外、概念外、価値観外なんや。もちろん言葉、見解外。

それが正見。

言葉回しても、どーしようもないわけや。ニルバーナにとって。ギャハハ。

ラインが伸びたので、次の項目では、言葉はずしの実験を紹介するで。ギャハハ。
?



[736] 日本地域のニルバーナ

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 3月 3日(金)20時34分13秒 softbank126001244129.bbtec.net  通報   返信・引用

日本は無謀な戦争70年前起こして、それで、原爆ドガドカ落とされて、完膚無きまでに負けて、結局、無条件降伏したわけや。

それで、ポイントは、無条件降伏ということになるわけやな。

もう、どうとでもせえ、という開き直りや。

だから、といって、戦後のアメリカべったりのような、なにかに依存します、おまかせします、
ということではないんや。

開き直って、観察して、勘違い見つけることやで。

つまり自分概念に対して、開きなおるんやな。それで、十分や。

どうとでもせえ、と何かに頼ったり、犯罪起こせ、ということではない。

たしかに、両極端は、一致する、という真理あるけど、それは次元というか、開き直った後の行動では雲泥の差があるやろ。

たとえば、一人は、苦行やめたブッダ、もう一方の低次元の開き直りとしては、犯罪者の群れがそうやろ。

どっち選択するかは、言うまでもないやろ。ギャハハ。



[735] 結局ニルバーナになる

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 2月27日(月)23時30分41秒 softbank126001244129.bbtec.net  通報   返信・引用

人間存在自体は、苦だ、というのが、苦の真理というものなんやな。
つまり執着しているのが普通の人類の状態。
べつに個人のあの人とあの人が、執着していて、この人とあっちの人は、執着なし、なんてことは宇宙にない。

人類全員、執着があって、それで、人類全員、苦である、というのが、真理や。

私だけ、どうして、こんな苦しみ、むなしさを味わうのか、不公平ちゃうか? というのも勘違いやで。だから。

それで、それはそれでいいのや。

苦の原因のほうを観察スルだけ。
これには、リストがちゃんとある。10の苦に結縛するもの、4つの執着やで。

それを観察すればええだけ。クソ脳にそれはある。

そして、勘違い解消して、それがどうした? だからなんや? それがナンボノもんじゃ? それがそもそもなんだとぬかすねん? と冷静クールに言えたら、それでニルバーナやで。

そんなたいそうなことでもない。簡単すぎて誤解して、気長くやるしかないと思いこんでるだけ。

せいぜい、1時間から、半日程度やで。そんなん。ギャハハ。



[734] あきれた勘違い

投稿者: 素粒子空 投稿日:2017年 2月27日(月)22時39分30秒 softbank126001244129.bbtec.net  通報   返信・引用

いやはや、とんでもない勘違いしていたのだ、それはこうなんや、というの見つけた。

しかし、ここで報告しようにも、これは全然つうじないんやな。書こうとおもったけど、やめとくわ。
広い人類、ワイしか、こういう勘違いしていないから、参考にならないしな。

ほとほと、クソ脳の馬鹿さ加減にには愛想が尽きた、かんじやわ。危なく、勘違いのまま、墓場まで、もっていくところやった。ギャハハ。

まあ、それでも、勘違い解消できただけ、セーフやけど。ゆだんならんわ。人類のクソ脳。


レンタル掲示板
741件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.