teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


8☆

 投稿者:オデーカン  投稿日:2017年 6月26日(月)01時07分48秒
返信・引用
  > No.106[元記事へ]

ほほう、なかなか見事に飛び古したペアですなぁ。

でもこの色、どうやって〆ても生きてるときの鮮やかさが残らないのよね。
 
 

セダ珍もアラメ

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 6月24日(土)21時30分42秒
返信・引用
  でした。もっともこちらはT木県でナナカマドの花掬いです。相変わらずの苦戦でしたが、今書き込もうとしたら1が沢山並んでいます。誰かご褒美ください。

来週はセダ珍夏合宿です。
 

奥秩父のムシ

 投稿者:達磨男  投稿日:2017年 6月24日(土)18時28分11秒
返信・引用
  純粋な気持ちで山登りにいきました。頂上近くで休んでいたら,ムシが一匹飛んできて私の胸に止まりました。
なんだろうと?とつまんでみると,超久しぶりのアラメさんでした。それからは目の色を変えて,付近の立ち枯れをしつこく巡回し,合計5つゲットすることが出来ました。
 

オブオブとグラグラ

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 6月16日(金)18時29分34秒
返信・引用
  を求めて、昨日一人でY梨県を徘徊してきました。粒ぞろいと評判の(?)ここのグラグラはもう少し欲しかったのですが、懸案だった新鮮なシナ♂も採れたのでよしとしましょう。ヒゲの長い奴はMGさんから手配書がきていますが、残念ながら♂だったので絞めました。

 

オオスミミドリ

 投稿者:MG  投稿日:2017年 6月12日(月)21時28分55秒
返信・引用
  オオスミミドリが羽化している。
生きた姿を見るのは,20年ぶりか??
ツバキを食樹にしていて、この樹はなかなか枯れないので、その姿はなかなか見ることができない。

ツバキの衰弱木さえあれば、今の季節、樹上で運動会をしているのを見ることができる。

 

ご協力を!

 投稿者:MG  投稿日:2017年 6月11日(日)22時44分17秒
返信・引用
  数日前、阿蘇方面にヌバタマハナカミキリの産卵観察にいったのですが、ノリウツギの枯れ木の根本付近に産卵するのではないかと思えます。
ハナカミキリは,ほとんどの種が褐色腐朽材に産卵するため、ノリウツギの枯れ木であればどれでも良いというわけではありませんが、枯れたノリウツギの根本付近にヌバタマハナの♀を確認できたらお知らせいただけませんでしょうか。
アカムネハナカミキリの産地では、特にクロツバラの枯れ樹の根本付近も要注意です。
 

Re: 発生期の遅れ

 投稿者:MG  投稿日:2017年 6月11日(日)22時36分31秒
返信・引用
  > No.99[元記事へ]

> > 画像は、ムナコブハナが♀を奪い合う光景。見かけによらず、活発に活動します。
> 目がつぶれそうな写真、ありがとうございます。用済みのボロができるようでしたら、アルコール浸けお願いします。

了解です。2桁採集できましたので余裕です。
 

↓↓の赤いカミキリ

 投稿者:タイショウ  投稿日:2017年 6月11日(日)21時20分8秒
返信・引用
  を採集に↓のところに行きました。
夕方・・遙か遠くを飛翔する、らしき物体を目撃するのみに終わりました。
ノリウツギの株が小さく、九州の様には行きません。
その他は、ピとスギトラを沢山採集しました。
 

Re: 発生期の遅れ

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 6月11日(日)18時53分54秒
返信・引用
  > No.98[元記事へ]

> 画像は、ムナコブハナが♀を奪い合う光景。見かけによらず、活発に活動します。
目がつぶれそうな写真、ありがとうございます。用済みのボロができるようでしたら、アルコール浸けお願いします。

関東地方の季節進行の遅れはだいぶ解消されつつあり、低地のクリの花は昨年と比べて数日遅れといったところです。
 

発生期の遅れ

 投稿者:MG  投稿日:2017年 6月10日(土)22時17分14秒
返信・引用
  今年は、10日から2週間ほどカミキリの発生が遅れています。
我が家では、今でもルリカミキリがカナメモチのの葉を後食しています。リンゴが出てくるのは、いつになるんだろう?

昨日、阿蘇方面ではムナコブハナなどが発生していましたが、まだ、新鮮な個体でした。
今年こそは、累代飼育に成功したいものです。

画像は、ムナコブハナが♀を奪い合う光景。見かけによらず、活発に活動します。
 

6月に入り

 投稿者:タイショウ  投稿日:2017年 6月 8日(木)13時48分19秒
返信・引用
  カミキり最盛期とばかり意気込んで、ムシの日ではなく6日に↓のところに出かけては見たのですが・・・撃沈しました。
仕方がないので、帰り道に若干ですが材(ナナカマド・ツルウメモドキ)を持ち帰りました。
さて、今度は何処に行こうか・・・。
 

Re: 今年の虫の日

 投稿者:達磨男  投稿日:2017年 6月 5日(月)19時56分15秒
返信・引用
  > 達磨男様、お久しぶりです。昨日Y梨県をあっちゃこっちゃと走り回ってほとんど何も採れなかった身には、カミキリの写真が眩しいです。特に下のがいいですね!ところで今年のコトラの発生状況は如何でしょうか?
>
> ↓↓↓の蛹はこんな成虫になりました。特に左の奴はブルーが強いこの地域の特徴がよく出ていて(?)、涙が出る程うれしいです。

ツルさま
たいへんご無沙汰しております。
C市のコトラですが,5月21日に初確認しました。それ以降,毎回確認していますが,まだ今のところ出始めといったところです。昨年も6月下旬から7月下旬の間に多数確認していますので,もう少し待った方が良いかと思います。今は,カラフトヒゲナガ,キモンハナ,クビアカハナ,そしてクリストフコトラが旬です。

8☆,すばらしいですね~。
 

Re: 今年の虫の日

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 6月 5日(月)10時05分58秒
返信・引用
  > No.94[元記事へ]

達磨男様、お久しぶりです。昨日Y梨県をあっちゃこっちゃと走り回ってほとんど何も採れなかった身には、カミキリの写真が眩しいです。特に下のがいいですね!ところで今年のコトラの発生状況は如何でしょうか?

↓↓↓の蛹はこんな成虫になりました。特に左の奴はブルーが強いこの地域の特徴がよく出ていて(?)、涙が出る程うれしいです。
 

今年の虫の日

 投稿者:達磨男  投稿日:2017年 6月 4日(日)18時01分43秒
返信・引用
  今年の虫の日は,自宅近くで2時間ほどのんびりと虫採りを楽しみました。
何時も変わりばえしない虫ばかりでしたが,いい気分転換になりました。
明日も代休なので,同じ場所に行こうかなと思います。
 

今日・・

 投稿者:タイショウ  投稿日:2017年 5月30日(火)21時44分47秒
返信・引用
  初めて見ました!!Sノビアとラギ2種が同じ木で這っているのを・・
多分アラはタマタマ止っただけだと思いますが。なかなか面白い絵柄でした。
で・・今日は↓の様な処で↓↓を採りました。
目的のシロチョウは目撃はありませんでした。
 

Re: 蛹は今日採集した↓の♀では

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 5月29日(月)10時09分11秒
返信・引用
  > No.91[元記事へ]

ピンポーンです。あまりに特異な体型でバレバレだったでしょうか?

昨日のセダ珍はT木県方面で4の倍数の材内成虫・蛹を狙いましたが、ともにまだ蛹でした。左側の種は幼虫なら4の倍数の2種まで絞り込めるのに、蛹では4の倍数ではない超普通種とも識別できず(勉強不足!)、わずかしか得られなかった蛹の中に目的の種が入っているかどうかは羽化するまで分かりません。二枚目の写真はミズナラの樹皮。
 

蛹は今日採集した↓の♀では

 投稿者:タイショウ  投稿日:2017年 5月24日(水)20時09分1秒
返信・引用
  今日は、自宅近くのお山を徘徊していました。
採集品はわずかですが、良い運動になりました。
 

↓↓↓↓の答と訂正

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 5月24日(水)19時20分35秒
返信・引用
  一枚目の写真が正解のつもりだったのですが、なんと左の蛹からは右と同じ種類が羽化してきました。触覚の長さが違って見えたので詳しく検討することなく写真を載せてしまいましたが、どちらもクワサビでした。ヘリグロアオは当日既に材内成虫になっていたようで、結局蛹は一つも採れていませんでした。

こりもせず、蛹写真です(二枚目)。5月20日にG馬県の標高700mのサワグルミ立ち枯れから前蛹を採集し、すぐに蛹化したものですが、なんでしょう?前蛹を見ているので、今回は間違いはないつもりですが・・・・。
 

今日は

 投稿者:タイショウ  投稿日:2017年 5月21日(日)20時59分12秒
返信・引用
  木曾の某所↓(手前が越百山と南駒岳付近で奥が南アルプスのツジさんの付近のお山では?)に行きました。
目的の物は無紋○○でしたが、当然カスリもしませんでした。
その代りナガクチキの良いのが採集できました!!。(朝一番に)
後はヒタスラ粗朶でトラカミキリを逃がす寂しい作業の繰り返しでした。
(現場で私はコトとクトの違いが判らない寂しい思いをしました・・・・コトが少し大きいでしょうか)
 

今日のセダ珍

 投稿者:ツル  投稿日:2017年 5月20日(土)21時14分13秒
返信・引用
  は、一日に3頭以上採ったことがないという尊師のご意向によりキマルになりました。私にとってはちょうど一週間ぶりになるG馬県某所でしたが、予想通り右側の斜面がちょうど最盛期で↓のような光景がアチコチで見られ・・・・・・・ると良かったのですが・・・。その後N潟県に突入したりして無駄なドライブを楽しみ、最後は尊師の両足を濡らしての果敢な徒渉で締めました。  

レンタル掲示板
/6