teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 此奴でしたか

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月26日(土)21時57分43秒
返信・引用
  > No.222[元記事へ]

> ところで、此奴を掘り出すには何かコツありますか?
奥義を使いました。詳しくはエサケの時にでも。
註:奥義とは本来、セダイモ堀りの際に連れが見つけたお宝の木を一緒に削っておいしい思いをする事を指したが、近頃では、連れの貢献度の方が高い(ときには100%近い)採集一般を指す。

今日は家族サービスで、写真の花。かろうじて花が残っていました。

 
 

此奴でしたか

 投稿者:タイショウ  投稿日:2018年 5月25日(金)21時15分24秒
返信・引用 編集済
  ツル様へ
MMHでしたか、勿論ハナとフトの蛹の差が解らない私ですが。昨日も1枚目のカミキリと思い・・ナナカマドから色のついた蛹を掘り出し持ち帰りましたが、今日、ABHH♀に変わっていました?。
ところで、此奴を掘り出すには何かコツありますか?
今年のAMHは若干早そうですが、一昨年と同程度かと思います。(昨日は発生の初期かと)
 

Re: 今日は

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月25日(金)10時00分23秒
返信・引用
  > No.220[元記事へ]

> その他は、ARMHとスイゲンヒメハナ種群でした。
ARMH(漢字対応だとAMH?)って、もう出ているんですか? やはり例年より早いんでしょうか?

写真一枚目は5月21日の個体のその後。ハルニレをバリバリ後食して少し明るい色にはなりましたが、ブルーにはなりそうもありません。今回は徹底的に水分を避けてみましたが、別の問題の様です。
二枚目は5月11日の解答。タイショウの答は1種については性別もふくめて完璧だったのですが、もう1種があまりに外れていて残念でした。
 

今日は

 投稿者:タイショウ  投稿日:2018年 5月24日(木)22時57分57秒
返信・引用
  KMHを採集に↓のお山(荒川岳?)がよく見える所に行ってきました。
目的のカミキリは2個でしたが天気も良く最高な採集日和でした。
その他は、ARMHとスイゲンヒメハナ種群でした。
 

セダ珍春合宿

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月21日(月)12時13分42秒
返信・引用
  を、この土日にT木県、G馬県方面で、尊師、Iグマ両氏とやってきました。卓越したイモ堀り能力をお持ちの名古屋のY氏ご夫妻をゲスト(先生?)にお招きして、昼のイモ堀り、夜のイモ談義と、充実した楽しい二日間をすごしました。写真一枚目はウラジロモミ(?)倒木樹皮下の過密ラギウム団地。2枚目は既に材内で成虫になっていた8☆君。この時点でのこの薄汚い色は飼育カラーでは無い訳ですが、今後どうなっていくのか注目してみたいと思います。  

今日は

 投稿者:タイショウ  投稿日:2018年 5月16日(水)22時52分24秒
返信・引用
  ↓の写真映えするカミキりを見に?行ってきました。
お山独り占めの大変贅沢なハイキングでした。
 

Re: 昨日のセダ珍

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月15日(火)21時11分44秒
返信・引用
  > No.216[元記事へ]

> 珍しく、全く分かんないんですけど。AKMG, MKってカミキリですか?

失礼しました。一貫性が無い上に、自分で間違えていました。以下のように訂正します。

AKMG→AMG
ほぼ例外無くミズキ(またはクマノミズキ)で、→ほぼ例外無くMK(またはKNMK)で、
 

Re: 昨日のセダ珍

 投稿者:オデーカン  投稿日:2018年 5月15日(火)18時25分22秒
返信・引用
  > No.215[元記事へ]

> は、Y梨県方面でした。あれやこれやの成虫をタコ取りする目論みが、好天、高温にもかかわらずことごとく振られ、私はSKBHKBの、尊師はAKMG, MKの材を持ち帰るに終わりました。

珍しく、全く分かんないんですけど。AKMG, MKってカミキリですか?
 

昨日のセダ珍

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月15日(火)09時41分29秒
返信・引用
  は、Y梨県方面でした。あれやこれやの成虫をタコ取りする目論みが、好天、高温にもかかわらずことごとく振られ、私はSKBHKBの、尊師はAKMG, MKの材を持ち帰るに終わりました。CO高速沿いで眼についたのが、新緑の中に点在する葉を付けていない裸の木々。ほぼ例外無くミズキ(またはクマノミズキ)で、例のドクガの仕業のようです。再度、葉を展開し始めている樹も多く、すぐに枯れる訳ではない様ですが、セプテンはますます増えることでしょう。帰路注目していたところ、KBトンネルを抜けると裸木は見られなくなり、T京都産のセプテンはもうしばらく待たねばならない様です。  

Re: 蛹とク・・

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月12日(土)10時29分9秒
返信・引用
  > No.213[元記事へ]

> ハセガワトラ♀とポエキラでは(根拠はありません)
暇つぶしにおつきあいいただき、ありがとうございます。でも、いくらなんでも右はフトカミキリには見えないと思うのですが・・・・・・。

> ↓の画像は昨年末と今年採集した幼虫の排泄物です。種名は?
排泄物からの種名当ては、蛹よりさらに難問だと思います。1は、よくモミ立ち枯れの樹皮下にビッシリ詰まっているやつをバラすとこんな風になりそうなので、ヒゲナガ。2は、産地と1に少し似ているという事でアジアティクスでいかがでしょう?ちなみにDNA的にはアジアティクスはMonochamusにはなりませんでしたが、アメリカの研究者は所属すべき属(アフリカ産?)まで突き止めている様です。
 

Re: 蛹とク・・

 投稿者:タイショウ  投稿日:2018年 5月11日(金)21時28分25秒
返信・引用
  > No.212[元記事へ]

蛹クイズは難しいです!!
ハセガワトラ♀とポエキラでは(根拠はありません)

では、私からク・・です
↓の画像は昨年末と今年採集した幼虫の排泄物です。種名は?
(ヒント)優しいですよね・・易しいので賞品はありません!!
それに、答えが未確認ですから
①昨年末A県で採集の幼虫から
②今年3月O県IG島で採集の材から
 

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 5月11日(金)10時18分28秒
返信・引用
  GWは虫の成果ほぼゼロで終わってしまいましたので、現在ルアーケースの中で色付き始めている蛹2種を紹介します。種名を当ててください。両種ともご正解の方には、ご希望によりどちらか一方の羽化成虫を差し上げます。ただし撮影に際して弄くり回したため、羽化不全になる可能性もありますので、その場合は悪しからず!特に右側は激しく動き回り、遂に正面の写真を撮らせてくれませんでした。  

Re: 昨日は

 投稿者:オデーカン  投稿日:2018年 4月28日(土)02時02分41秒
返信・引用
  > No.210[元記事へ]

> オデーカンに格好のお土産が転がっていたので拾って帰りましたが、結局受け取り拒否されてしまい残念でした。

ワタシには肢が0本以下、11本以上のものは持ってこないでください。
 

昨日は

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 4月27日(金)09時56分3秒
返信・引用
  陸貝屋さんを案内してSKY3県の県境付近を徘徊してきました。カミキリはCK君が見られたくらいでしたが、今が恋の季節なのか交尾したままBNにおちるペアが目立ちました。夜会う予定があったオデーカンに格好のお土産が転がっていたので拾って帰りましたが、結局受け取り拒否されてしまい残念でした。  

謹告

 投稿者:オデーカン  投稿日:2018年 4月22日(日)00時28分59秒
返信・引用
  某筋からの情報↓によると、今シーズンのTsujius林道は全面通行止めで、

http://www.inacity.jp/kankojoho/sangaku_alps/minamialps/minamialps_jikokuhyo.html

歩行者も通行禁止だそうです。↓

https://twitter.com/Platyfigulus

予定されている方は、ご注意を。
 

ツジ1♂

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 4月21日(土)22時53分26秒
返信・引用
  本日のセダ珍はK曽谷方面で一仕事した後、I那谷方面に転戦しました。昼過ぎに到着した例のナシの樹は花が散り始めの状態で、ツジウス氏によると午前中は多数のTKTやYTSOTが見られたとの事でした。が、午後にはこの両種も下火になっており、無数のMYRRHだけがネットをにぎわしていました。独特の色合いをしたここのKAHがほぼ唯一の収穫でした。スーパー林道は、崩落のため6月まではバスはもちろん歩行者も入れてもらえない様ですから、今年のツジウスは厳しそうです。  

今日・出会った虫たち

 投稿者:タイショウ  投稿日:2018年 4月20日(金)21時53分41秒
返信・引用
  天候も良く最高な採集日和なので、何時もの所に行ってきました。
そこで、何時ものような虫たちの出会いました↓。
オデコブハナは末期のようでした????。
 

Re: 算数の問題

 投稿者:オデーカン  投稿日:2018年 4月19日(木)18時17分44秒
返信・引用
  > No.205[元記事へ]

> ここではペアで居たウロが3つ、♀単独のウロが1つでしたが、シーズン終盤には 1pair/ウロ になる傾向でもあるのでしょうか?ちなみに600m地点はすべて1つのウロからでした。

あんまり聞いたこともないし、経験したこともないけど。カエデの場合は1ウロあたりの数が元々少ないけど、アカメガシワでしょ? とすると、探した割に獲物がばかに少ないような気がしますが・・・?

もしかして『化学兵器』とか使ってません? こいつベニバやパキピドと違って動きがノロいんで、『化学兵器』だと出口へたどり着く前に力尽きてウロの底の奈落へ落ちちゃうヤツがいます。こいつに限っては使うべきはタバコか蚊取り線香・・・
 

Re: 算数の問題

 投稿者:ツル  投稿日:2018年 4月18日(水)21時33分16秒
返信・引用
  > No.204[元記事へ]

> 4♂3♀、5♂1♀。思わず解いてしまいましたが、けっこう採れているではないですか。

400m地点の♂♀が逆ですが、ご愛嬌ということで。ここではペアで居たウロが3つ、♀単独のウロが1つでしたが、シーズン終盤には 1pair/ウロ になる傾向でもあるのでしょうか?ちなみに600m地点はすべて1つのウロからでした。
 

算数の問題

 投稿者:KUWAKIRA  投稿日:2018年 4月18日(水)15時34分42秒
返信・引用
  4♂3♀、5♂1♀。思わず解いてしまいましたが、けっこう採れているではないですか。  

レンタル掲示板
/11